看護師求人転職サイトランキング【2020年11月度最新版】

看護師転職ナビは、看護師転職サイトを選ぶ時の指針となる看護師転職サイトランキングを最新のデータを比較し、厳選しました。
看護師転職ナビのこの1ページを読むだけで、転職に必要な情報を得られるようにまとめています。
2020年はコロナ禍により、病院、クリニック、施設の経営状態と労働環境の悪化が進んでしまいました。
事実、ボーナスが大幅に減った看護師も多いです。
東京女子医科大学病院の看護師400人が退職希望を出したニュースは記憶に新しい出来事です。
こうした状況の中、将来が不安になり、「看護師を辞めたい」もしくは「看護師を続けることが難しい」と感じている方は多いでしょう。
家庭の事情があるならば仕方がありませんが、労働環境や人間関係が原因であれば、転職という手段もあります。
まずは前向きに看護師としてのキャリアを積んでいくことを考えてみてはいかがでしょうか。
「人生の愉しみは喜怒哀楽の総量である」という言葉もあります。
転職という決断を後ろ向きにとらえるのではなく、前向きにとらえることが良いのではないかと思います。
最新の看護師転職サイトランキングはこのページの最下部に掲載しています。
看護師転職ナビではじめの一歩を踏み出してみましょう。

看護師の転職の悩みを解決

看護師の様々な悩みを解決する手段の一つとして、転職という方法があります。
看護師の離職につながる悩みは大きく分けると5つの理由に分けることができますが、そのほとんどは転職によって解決できる可能性があるのです。

  • 勤務環境・労働環境(休日・残業、勤務体制、給与、設備、教育等)
  • 人間関係(上司、同僚等)
  • 健康問題(本人の肉体的、精神的ストレス)
  • 家庭の事情(結婚・出産・子育て・介護・配偶者の転勤等)
  • スキルアップ・キャリアアップ

看護師転職サイトで悩みを解決できるのか?

就職や転職の悩みを解決するなら、ハローワークやナースセンターでも良いような気がしますが、あえて看護師求人サイトでないと駄目な理由はあるのでしょうか?
まずハローワークですが、職員は看護師に特化しているわけではありません。
したがって、悩みを解決できる知見を持っている職員は極めて少ないでしょう。
実際に看護職に詳しいナースセンターと提携して、相談会を開くことがあります。
それでは、相談会を開くナースセンターなら大丈夫でしょうか?
ナースセンターには看護職の悩みを聞いてくれるスタッフがいます。
元々看護師をやっていた方なので、業務に関して熟知しています。
看護師の気持ちを分かっているといってもよいです。
したがって、看護師の悩みを解決できる可能性はあります。
業務上の悩みであれば、看護師求人サイトのキャリアアドバイザーよりも頼りになるでしょう。
例えるなら、ナースセンターの相談員は「看護師業務のプロ」といえます。
しかし、転職まで考えた時に適切な判断ができるかどうかは別の話です。
転職に限定した場合、看護師求人サイトのキャリアアドバイザーの方が詳しく知っていますし、実務として相談・紹介の回数、スピードも早いでしょう。
転職の成功は、出来る限り多くの看護師求人の中から、最適な求人案件を選ぶことにかかっています。
例えるなら、キャリアアドバイザーは「看護師転職のプロ」なのです。
転職を中心に考えた時にどちらの方が悩みを解決できるのか?
と考えた場合、やはり看護師転職のプロに任せた方が、転職の成功につながりやすいのではないでしょうか。

自分にとってベストの看護師転職サイトを選ぶには?

自分にとってベストの看護師転職サイトを選ぶ時に確認すべき5つのポイントがあります。
まずそのチェックポイントを挙げてみましょう。

  • 運営会社の信頼性
  • 対象エリア(カバーする地域)
  • 求人数・求人の質
  • 転職サイトの評価・実績
  • 転職サポートの内容

【運営会社の信頼性】
運営会社の信頼性を確認するうえで、厚生労働大臣許可(有料職業紹介事業許可番号もしくは労働者派遣事業許可番号)のあることは最低条件です。
また多くがプライバシーマーク取得をしています。
そのうえで、売上(利益)や認知度(上場、リサーチの結果)などが分かりやすい指標となっています。
一般的には大手の人材紹介会社がおすすめです。

【対象エリア(カバーする地域)】
対象エリアについては、全国対応か地域限定かを確認しましょう。
働きたい地域が対象になっていなければ、登録しても意味がありません。

【求人数・求人の質】
求人数と求人の質は大切です。
転職の成功の前提条件として選択肢の多さがあります。
つまり求人案件が多いことが条件です。
分かりやすく例えるなら、一流大学を卒業した就活生と三流大学を卒業した就活生ではどちらの方が良い会社に入社できる可能性が高いのかを考えてみるとよいでしょう。

【転職サイトの評価・実績】
看護師転職サイトの評価・実績については、様々なリサーチ会社が調査しています。
また実際にその転職サイトを利用した看護師の口コミ、評判も参考になるでしょう。

看護師転職支援サービスの転職サポートは基本的に以下の通りです。

  • 条件・待遇の良い非公開求人の開示・連絡
  • 転職サイト独自に入手した医療機関の内部情報の提供
  • 求職者の希望条件に合う求人案件を精査し提供
  • 履歴書、職務経歴書など提出書類の書き方の指導・アドバイス
  • 面接対策のアドバイス、模擬面接の実施、面接の同行
  • 退職交渉のアドバイス
  • 給与・休日などの条件交渉の代行
  • 入職後の悩みなどのサポート

ほとんどの看護師転職サイトに付帯しているサービスです。
これらにプラスしていかに他サイトと異なる、必要なサービスを提供できるか?を調べないといけません。
たとえば、キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれたり、動いてくれるか、看護師転職サイトのコンテンツの充実度などで看護師転職サイトを比較した時に大きな差となって現れます。

おすすめの看護師転職サイト

看護師転職ナビでは、社会的に信頼されている会社の運営する大手の看護師転職サイトをおすすめしています。
実際にこのページでは信頼できる看護師転職サイトしか掲載していません。
あとはその中から自分に合った看護師転職サイトを選ぶだけです。
何が決め手になるのか?その半分以上を占めるのが、担当者であるキャリアアドバイザーとの相性です。
こればかりは実際に相談してみないと分からない部分の多いのが現状ですが、転職活動を少しでも楽に勧めたい、転職についての悩みがある場合は、できる限り相談しながら転職活動を行っていくとよいでしょう。

看護師転職サイトランキングの根拠

看護師転職ナビでは、他の看護師転職サイトランキングや口コミサイト、比較サイトにない情報を加味して、厳選しております。
それは人材紹介会社内で働いてきた経験、人脈から得られる情報です。
転職サイトに表現されにくい部分ですが、運営会社の信頼性を判断するには参考になる情報になります。
そしてランキングの根拠として、できる限り最新のデータ、資料を参考にすることにしました。
もちろん、看護師転職サイトの評価・実績に関して、目に見えない顧客(医療機関)、過去に登録された看護職の方からの信用、信頼は十分に根拠となります。
そういった過去からの口コミや実績を排除するものではありません。
そうとはいえ、現状、ネット上で検索される看護師転職サイト比較サイト、ランキングサイト、口コミサイトを見ますと、根拠となるデータが異様に古かったり、ひどい場合にはもはや存在していない看護師転職サイトをいまだに存在しているかのように論評し、比較しているサイトも多々見受けられます。
過去に存在した看護師転職サイトを比較したところで、その転職サイトを利用できるわけではありません。
その点、看護師転職ナビでは看護師の転職に関する新しいデータ・資料を優先して、ランキングの根拠としておりますので、ご安心頂けると思います。

看護師の求人・転職サイトランキングの前に

コロナ禍のあるなしに関わらず、世界では多くの子ども達が貧困や紛争、災害などのために生活が困難な状況にあります。
まだ子どもであるにも関わらず、労働を強いられ、場所によっては人身取引の被害者となっているのです。
生まれた環境が悪かっただけで人権が奪われてしまう状況が続いています。

子どもを救うために必要なモノや資金を送っているNGO団体はいくつもあるのですが、こうした状況を打破するために教育、そして自立を促すために活動している団体は多くありません。
しかし、チャイルド・スポンサーシップでは貧困の悪循環を断ち切るために、子どもたちの住む地域の環境を良くするため、水資源の開発、保健衛生の整備、農業の推進を支援し経済の発展を促す支援を行っています。
日本の企業では、武田薬品工業(株)、塩野義製薬(株)、パナソニック(株)等が現地で活動し、ヤフー(株)、山崎製パン(株)・デイリーヤマザキ(株)、エポスカード(株)などが募金協力しています。
個人では、歌手で女優のジュディオングさん、プロゴルファーの中島常幸さん、東尾理子さんなど多くの方がワールド・ビジョン・ジャパンを通じて、チャイルド・スポンサーシップに参画しています。

看護師転職ナビから寄付

看護師転職ナビでは子どもたちが健康になり、経済的に自立できる世界の実現を目指しております。
もし、この趣旨に賛同いただけるようでしたら、看護師転職ナビから当サイト紹介の転職支援サービスに登録していただくことで、寄付が発生します(もちろん直接の寄付も可能です。)
看護師転職ナビからクリックしていただくことで、看護師転職ナビからのエントリーが自動で分かる仕組みになっております。転職を考えられている方でこの趣旨に賛同して頂ける際に当ページから登録して頂けると幸いです。

看護師転職サイトランキング【2020年11月最新版】

1位 看護ルー

看護ルーを運営する株式会社クイックは東証一部上場企業です(証券コード:4318)。
1980年9月19日に創業、1,487名(2020年4月1日現在)の従業員を抱えています。
10年連続で売上高を更新中で、グループ全体の売上高は210億3,571万円になりました。
事業所は東京・大阪・名古屋・横浜・神戸にあります。
ワークライフバランスが取りやすい会社で従業員の満足度も高いです。
人材サービスが主力事業であり、売り上げ全体の62.8%(2020年3月期)を占めています。
特に看護師のコミュニティサイト『看護roo!』は株式会社クイックの人材サービスの要です。
そのため多くの人材と資本を看護師転職支援サービスにつぎ込んでいます。 
看護師コミュニティサイトとしてはとしては最も充実しているサービスといっても過言ではないでしょう。

登録はこちら ▶▶ 看護ルーに登録する

■看護ルーの特徴

◎利用者満足度が96.2%、1年に2万人が利用
◎病院の内部情報を提供、的外れな求人を紹介しない
◎看護ルーのWEBサイトは看護師に役立つ情報が満載(業界一)
◎登録すると『ナースのHappy転職ガイドブック』が貰える(業界一)

2位 ナースではたらこ

1997年に設立、2004年にマザーズ上場、2013年に東証一部(証券コード:2379)に昇格した人材サービスのディップ株式会社の運営する看護師転職サイトが『ナースではたらこ』です。
売上は2013年度の91億円から8年連続右肩上がりで、2020年度464億円まで伸びています。
社会的には東証の「第7回企業価値向上表彰」候補50社に3年連続で選ばれている企業です。
またリクルートを意識するくらいのチャレンジ精神、成長意欲を持ったモチベーションの高い社員の多い会社(実際に元リクルートの社員が多い)です。
その転職のプロ集団、リクルートの企業風土もあってか、過去、現在に至るまでナースではたらこの看護師転職支援サービスは業界での評価が高くなっています。

・2015年度まで楽天リサーチ調べで看護師転職満足度調査3年連続1位
(「友達に奨めたい第1位」、「アフターフォロー第1位」等)
・2020年度オリコン顧客満足度ランキング総合第2位

など客観的な調査機関のリサーチで結果を出しています。

■ナースではたらこの特徴

◎全国医療機関の9割以上を網羅、9万件以上の求人情報あり
◎希望する病院、施設に応募を打診できる『逆指名制度』あり
◎非公開の人気求人あり
◎24時間電話受付、あんしんサポート窓口

登録はこちら ▶▶ ナースではたらこに登録する

3位 マイナビ看護師

就活でもおなじみの株式会社マイナビの運営する看護師求人サイトが『マイナビ看護師』です。
マイナビは「非上場」ですが、マイナビグループ全体で約9,800名、売上高は単体で1,510億2,700万円の大企業です。
新卒領域ではシェアNo.1であり、一般にも知名度は高い総合人材会社で、そのブランド力は看護師転職支援サービスにおいてもNo.1と言えます。
若い社員が多く活気があり、キャリアアドバイザーに女性が多いので、安心できます。
様々な切り口から求人を探せます。

・2020年度まで楽天インサイト調べで看護師の求人・転職サイト4年連続第1位
・2020年度オリコン顧客満足度ランキング総合第3位

マイナビ看護師の特徴

◎認知度No.1!日本最大級の看護師求人サイト
◎看護師の定着率が著しく低い医療機関は原則紹介しない
◎全国で休日相談会や出張相談会を開催
◎入職後のアフターフォロー(お客様相談室)あり

登録はこちら ▶▶ マイナビ看護師に登録する


看護師転職ナビに掲載している看護師転職サイトは

客観的に証明された実績のある看護師転職サイトです。

まずは転職の成功に向けてはじめの一歩を踏み出してみましょう!

あとは「結果は想いの総量」です。看護師として理想のキャリアを築いてけるようお祈り申し上げます。